(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2007年7月-9月
号数 36
媒体 専門紙
大分類 7月
小分類(国名等) 仏教タイムス
記事タイトル *大蔵経テーマに日韓文化交流
本文テキスト  第28回韓日・日韓仏教文化交流大会が6月26日-28日、韓国で開催され、両国から約350人が参加。主会場となった海印寺に高麗大蔵経の版木が納められていることから、大会のメインテーマは「大蔵経に学ぶ」とし、学術セミナーでは日韓での研究動向が発表された。法要での挨拶では、日韓仏教交流協議会の宮林昭彦会長が2年後の大会30周年に「世界人類平和之塔」建立を提唱し、韓日仏教文化交流協議会の李智冠会長は、交流の継続によって双方の歴史の「葛藤と緊張が緩和されることを期待したい」と語った(5日付、12日付。中外日報6月30日付に同類記事)。
Copyright(c) Religious Information Research Center