(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2007年7月-9月
号数 36
媒体 専門紙
大分類 7月
小分類(国名等) 中外日報
記事タイトル *久間防衛大臣発言へ宗教界から非難
本文テキスト  久間章生防衛相(衆院長崎2区)が米国の原爆投下に対して、「あれで戦争が終わった」「しょうがない」などと発言した問題で長崎を中心に<宗教界からも非難の声>があがった。浄土真宗本願寺派は6日、安倍首相に対して<被爆者や遺族に陳謝>し、<内外に核廃絶姿勢を示すよう求めた>。長崎県仏教連合会の役員からは「被爆者にとって耐え難い発言で(大臣の)辞任は当然」。カトリック広島司教区の三木篤実司教は「あの言い方は米国側の言い分」と憤り、発言直後に首相が久間氏を擁護したことも批判した(3日付、7日付、10日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center