(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2007年7月-9月
号数 36
媒体 専門紙
大分類 7月
小分類(国名等) 神社新報
記事タイトル *市有地内神社の違憲合憲論
本文テキスト  <反ヤスクニ論者の標的にされた未公認神社>についての論評。北海道砂川市の空知太神社と富平神社は宗教法人格を持たない<住民らに守られてきた村の鎮守>だが、戦前からの経緯の中で土地は市有地(富平神社は2005年に町内会に無償譲渡)。そのため滝川平和遺族会会長と中国帰還者連絡会活動家の2人が市に対し政教分離の違憲訴訟を起こした。空知太神社に関しては2006年に一審二審とも違憲、富平神社は2006年に札幌地裁が合憲の判決を下した。<実質的には絶対分離主義に近い厳格な判断をしているかに見えます>。記事は、東京都慰霊堂の仏教教団の慰霊法要、長崎市の市有地にカトリック宣教団が建て、土地の無償使用をしている26聖人記念館と野外ミサ、公営墓地・斎場も<政教分離違反と判断せざるを得ないでせう>としている(16日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center