(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2003年9月-11月
号数 21
媒体 国内
大分類 【3.習俗・慰霊】
小分類(国名等)
記事タイトル *洗骨儀礼、減少の兆し
本文テキスト  鹿児島県の与論島で、土葬した遺体を清める洗骨儀礼が減少する傾向にある。遺族の負担を軽くしたいという声が高まっており、10月6日、町が建てた火葬場の運転が開始されたことから、火葬の増加に拍車がかかると考えられる。洗骨儀礼は、土葬した棺を掘り返し、骨を丁寧に洗い、白い布で拭いた後、かめに納める儀礼。埋葬から3-7年後に行われ、準備に一年近くかかり、前夜祭も大がかりに行う。死者の供養はその後も33年忌まで続く(朝日・北九州 10/21)。
Copyright(c) Religious Information Research Center