(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2003年9月-11月
号数 21
媒体 国内
大分類 【2.仏教】
小分類(国名等)
記事タイトル *精進料理三題
本文テキスト  昨今の健康ブームから精進料理が再評価されている。世界遺産への登録が実現する見込みである高野山の西室院では登録を機に、宿坊の宿泊者へ出す精進料理に使用する米を有機栽培の「古代米」である黒米にする試みが始まった(産経・大阪 10/22)。なお10月には、曹洞宗大本山永平寺の監修で『永平寺の精進料理』と題する料理本が学習研究社から出版され、好評を博している(産経・東京 10/26)。いっぽう財団法人本願寺維持財団では、約400年前の報恩講で食したとされる「お斎(おとき)」を史料をもとに再現、11月28日の報恩講で、「本願寺膳」「本願寺膳弁当」として販売した(読売・京都 11/9)。
Copyright(c) Religious Information Research Center