(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2007年7月-9月
号数 36
媒体 国内
大分類 【6.政治と宗教】
小分類(国名等) ◆靖国神社関連
記事タイトル *靖国神社遊就館の展示見直し
本文テキスト  靖国神社の戦史博物館「遊就館」が、6月25日から27日にかけての展示替え作業によって、説明パネルの一部の記述を訂正していたことが7月1日までに明らかになった。訂正は昨年から始めた見直し作業の一環で、硫黄島作戦に関しては、米軍の甚大な被害により「米軍の統帥部は国民の批難を浴び、講和の気運さえ生まれた」との記述が削除され、沖縄戦に関しては、犠牲者数を明記、本土防空戦に関しては、日付や爆撃機数を訂正した。遊就館は本年1月にも米国の反発に配慮する形で一部の展示を見直していた(北海道・札幌 7/1、沖縄タイムス 7/1ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center