(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2007年7月-9月
号数 36
媒体 国外
大分類 【2.東南アジア・南アジア】
小分類(国名等) ◆パキスタン
記事タイトル *政府が過激派の拠点モスクを制圧
本文テキスト  首都イスラマバードで7月3日、イスラム過激派が運営するモスク「ラール・マスジード」周辺において、イスラム神学校(マドラサ)の学生と治安部隊の間で銃撃戦が発生し、双方で多数の死傷者が出た。4日、警察当局はこのモスクの最高指導者アブドル・アジズ容疑者を逮捕したが、宗教指導者とマドラサの学生ら数千人が治安部隊の包囲するモスクに立てこもり、ムシャラフ大統領と交渉を続けた。10日未明、陸軍特殊部隊がモスク内に突入して学生らを武力制圧し、3日からの死者は治安部隊を含めて108人となった(朝日 7/10ほか)。一方、政府の対応に反発したイスラム過激派による報復テロが激しさを増しており、14日から15日にかけて60人が自爆テロの犠牲となっている(東京 7/16)。
Copyright(c) Religious Information Research Center