(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2007年7月-9月
号数 36
媒体 国外
大分類 【1.東アジア・太平洋地域】
小分類(国名等) ◆韓国〈アフガニスタンでの拉致〉
記事タイトル *キリスト教海外宣教に批判集まる
本文テキスト  韓国は海外に宣教師を年間1万6千人以上派遣する宣教大国で、この数は米国に次いで世界第2位である。これには国内のキリスト教が飽和状態で、海外に宣教の場を移しているという現状がある。しかし過度の使命感による攻撃的な福音主義的宣教方法に対しての批判も強く、今回の拉致に関しても危険を恐れずボランティアを行ったとの擁護論もあったものの、「征服主義的な宣教を捨てるべきだ」(『ハンギョレ新聞』)、「教会が宣教について反省しなければ、国民の支持を得ることは難しい(『京郷新聞』)など韓国キリスト教界の宣教のあり方に厳しい批判が寄せられた。
また「危険な地域に安易に入った」ことで「自己責任」論が高まり、被害者らの所属する教会は遺体移送費や一行の帰国にかかる交通費などを負担することになった(産経 7/25ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center