(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2007年4月-6月
号数 35
媒体 専門紙
大分類 6月
小分類(国名等) 中外日報
記事タイトル *自民と民主の峡間
本文テキスト  浄土真宗本願寺派が7月の参議院選挙で<自民と民主の峡間で揺れ>ている。とりわけ同派僧侶である民主党の藤谷光信氏が組織をあげて支援しているが、門徒には地域の自民党有力者も多く、民主党が<マイナス要因とみなす関係者もいる>。一方、公明党・創価学会の支援を受ける自民党候補者を推薦することを<疑問視する向きもある>。また公益法人制度改革を控え、その危機感が選挙に33年ぶりに乗り出す理由とする宗門幹部もいる。ただ過去にあった選挙違反事件のトラウマから、「積極的に協力する住職は1割程度」だという(7日付、12日付。28日付に選挙関連記事)。
Copyright(c) Religious Information Research Center