(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2007年4月-6月
号数 35
媒体 国内
大分類 【6.政治と宗教】
小分類(国名等) ◆教育
記事タイトル *靖国DVD
本文テキスト  日本共産党の副委員長である石井郁子衆議院議員は、5月17日の衆議院教育再生特別委員会で、文部科学省の研究委託事業「新教育システム開発プログラム」に採用された、日本青年会議所制作のアニメDVD「誇り」が、「戦争を美化する」内容であると示した。アニメの筋書きは、戦死した青年「雄太」が現代に現れ、女子高生「こころ」を靖国神社に誘い、「大東亜戦争」の歴史を語るもの(赤旗 5/18)。アニメは2006年に制作され、日本青年会議所の会員らで組織する「近現代史検証委員会」がシナリオを担当した(朝日・東京 6/8)。複数の地方議会でも取り上げられたほか、教職員や市民らが各地の教育委員会に対して学校での上映中止を申し入れるなどの動きが出ため、日本青年会議所の奥原祥司会頭は6月20日、文部科学省の銭谷真美初等中等教育局長宛に、委託事業を辞退する内容の文書を送付した(赤旗 6/22)。
Copyright(c) Religious Information Research Center