(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2007年4月-6月
号数 35
媒体 国内
大分類 【5.新宗教】
小分類(国名等) ◆ものみの塔(エホバの証人)
記事タイトル *輸血拒否で信者の妊婦死亡
本文テキスト  5月19日、ものみの塔の信者の妊婦が、大阪医科大病院(大阪府高槻市)で5月初旬に輸血を拒否して死亡したことが明らかになった。帝王切開の手術中、胎児を取り上げた後に大量出血したが、妊婦は信仰上の理由により輸血を拒否。家族も妊婦の意思を尊重した。病院側は信仰上の理由で輸血を拒否する患者に対するマニュアルを2005年に策定しており、輸血をしない場合に生じる事態については、病院側の責任を問わないとの同意書を妊婦と交わしていた(毎日・東京 6/20、東京・東京 6/20ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center