(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2007年4月-6月
号数 35
媒体 国内
大分類 【5.新宗教】
小分類(国名等) ◆オウム真理教(現アーレフ、ひかりの輪)
記事タイトル *オウム裁判の動向
本文テキスト  地下鉄・松本両サリン事件で使用されたサリンを製造したとして、殺人などの罪に問われたオウム真理教元幹部の遠藤誠一被告の控訴審で、東京高裁は5月31日、死刑とした1審の判決を支持し、被告側の控訴を棄却した。池田修裁判長は、不特定多数の殺害に使用すると認識して製造に主体的に関与しており、1審の量刑が不当とは認められないと述べた(朝日・東京・夕 5/31、信濃毎日・夕 5/31ほか)。6月13日付で遠藤被告は最高裁に上告したことから(朝日・東京 6/15)、一連のオウム事件で起訴され1審で死刑判決を受けた元幹部うち、控訴審が続いているのは中川智正被告だけとなった。中川被告の控訴審判決は7月13日に行われる(朝日・東京 6/5、読売・東京 6/5ほか)。
 6月1日には、1審、2審で地下鉄サリン事件の実行犯として死刑判決を受けた横山真人被告の上告審弁論が結審した。オウム関連の事件で最高裁の弁論が開かれたのは、岡崎一明死刑囚に続き、横山被告で2人目(朝日・東京 6/2、東京・東京 6/2ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center