(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2007年1月-3月
号数 34
媒体 専門紙
大分類 1月
小分類(国名等) 神社新報
記事タイトル 「政教関係」
本文テキスト  長野県松本市の信州大学構内にある稲荷神社の土地約130平方メートルに対して、市は信州大以外の国体が使用しているとし、固定資産税を課すことを2006年12月1日付で大学側に通知。大学側は減免を同20日に申請した。神社は江戸時代からの歴史があり、現在管理しているのは信州大医学部の友好団体である「杏蔭会」。なお同神社については2003年9月に違憲訴訟が起こされたが原告の訴えは却下された。今回の課税のきっかけは、その原告と同一人物による市への監査請求(15日付。3月キリスト新聞の項、参照)。
 「政教関係を正す会」は2006年12月16日に研究会を神社本庁で開催した。発表は、大原康男国学院大学教授の「政教関係を正す会の35年―回顧と展望」と、阪本是丸同教授の「『国家神道体制』と靖国神社―慰霊と招魂の思想的系譜序説―」(22日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center