(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2007年1月-3月
号数 34
媒体 専門紙
大分類 1月
小分類(国名等) 神社新報
記事タイトル *神社に関する意識調査 氏神との距離は
本文テキスト  神社本庁は5年ごとに行っている「神社に関する意識調査」の3回目を、昨年10月に行った。中心の質問と答の傾向は次の通り。「神棚及び神宮大麻奉斎の現状」では<大麻を受けるのは地域の世話人から>、「家庭祭祀及び年中行事の現状」は<家族で初詣減少傾向に>、「夫婦別姓に対する意識」は<夫婦の同姓は七割が肯定的>。そして「氏子意識の実態」について石井研士・国学院大学教授は、「(全体的な)アンケート結果から見られるこの10年間の変化には無視できない傾向がある。そのひとつに氏神と日本人との距離の拡大があろう。総じて地域の神社に対しての認知や関わりが少なくなってきているように思われる」。報告書は6月刊行予定(29日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center