(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2007年1月-3月
号数 34
媒体 国内
大分類 【5.新宗教】
小分類(国名等) ◆オウム真理教(現アーレフ)
記事タイトル *日弁連松本死刑囚担当弁護士処分せず、高裁懲戒請求へ
本文テキスト  松本死刑囚の控訴審で控訴趣意書の提出を拒否した担当弁護士2人について、訴訟の円滑な進行を妨害した「重大な違法行為があった」として、東京高裁が日弁連に「処置請求」をしていた問題で、日弁連は1月15日、処分をしない決定をした。「処置請求」は審理の進行確保のためのものであり、既に審理が終結した後には審理の進行確保という目的を達し得ないため請求できないという理由による(朝日・東京 2/15、読売・東京 2/15他)。
この決定を受け、同高裁は15日、改めて弁護士法に基づく「懲戒請求」を2人の所属弁護士会に行う意向を明らかにした。趣意書の提出を自らの主張を承諾する条件としその提出を拒否する行為は「刑事弁護人として考えられない無謀な行為」であるとの理由による。裁判所が弁護士会に懲戒を請求するのは37年ぶり(朝日・東京 2/16、読売・東京 2/16他)。
Copyright(c) Religious Information Research Center