(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2006年9月-12月
号数 33
媒体 専門紙
大分類 11月
小分類(国名等) 仏教タイムス
記事タイトル *教団
本文テキスト  立正佼成会は庭野日敬開組の生誕100年にあたり、開祖の顕彰事業や記念事業を行ってきた。誕生日にあたる15日には東京の大聖堂で「開祖生誕会」の式典を開催し、宗教界を中心に300人の来賓を含む4、000人が参集。世界平和について語った開祖の法話が流された。来賓祝辞はインドの「シャンティ・アシュラム」事務局長のビア・アラムさんと梅原猛氏(16・23日合併号。中外日報25日付に同類記事)。
 1931年に設立された在家日蓮宗浄風会の特集記事。泰永二郎会長はインタビューで、創価学会との論争から同会の破折教学が整えられ、<暴力的な折伏大行進が社会問題化すると>社会的な創価学会批判、「言論出版妨害事件」では青年部が批判活動を行ったことを語っている。なお、『会史・清き流れを』(全3巻)が発刊されている(30日付)。
 真宗大谷派の大谷暢顕門主が就任10周年を迎え、21日に京都の本山阿弥陀堂で記念式が行われた。約30年の<お東紛争>後に就任したもの。大谷門主は「宗祖親鸞聖人の『歎異の精神』と『同朋精神』を礎とし」と誓いを述べた(30日付。中外日報28日付及び30日付に同類記事)。
 全日本仏教婦人連盟は26日、東京で第53回大会を開催。写経運動で集められた浄財がインド日本寺の光明施療院の無料診断運営資金として贈られた(2日付。中外日報16日付に同類記事)。
Copyright(c) Religious Information Research Center