(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2006年9月-12月
号数 33
媒体 専門紙
大分類 11月
小分類(国名等) 新宗教新聞
記事タイトル *臓器移植法案関連
本文テキスト  国会で臓器移植法改正案が提出されているなか、「『臓器移植法』改悪に反対する市民ネットワーク」は16日、宗教界の意見を聞き法改正の問題点を考えようと、衆議院第一議員会館で集会を開いた。集会には、大本、真宗大谷派、日蓮宗、立正佼成会から担当者が出席し教団の見解を発表。また天台宗、浄土宗、曹洞宗からは見解が伝えられた。各教団とも脳死を人の死とすることに反対ないし慎重論だった。同集会には2歳8ヵ月の脳死宣告を受けた母親が参加し、「ベッドの上で、娘が身長も伸び体重も増え成長しています。娘は生きているんです」と訴えた。各教団ごとの見解の紹介記事あり(中外日報21日付に同類記事)。
 日本宗教連盟は16日、「臓器移植法改正問題に対する意見書を、櫻田義孝衆議院厚生労働委員会委員長、佐藤泰三自民党脳死・生命倫理及び臓器移植調査会会長らに提出した。意見書は脳死状態を人の死とすることに国民的合意は得られていないとし、「改正を強行することは、将来への禍恨を残すもの」としている。
Copyright(c) Religious Information Research Center