(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2003年9月-11月
号数 21
媒体 国外
大分類 【3.中東】
小分類(国名等) ◆イスラエル・パレスチナ情勢
記事タイトル *強行される分離壁建設
本文テキスト  イスラエル政府が建設を進めるヨルダン川西岸地区との分離壁(総延長約350km)は、2002年6月の建設開始以来、すでに旧ベルリンの壁(約160km)に匹敵する長さに達し、2003年8月下旬にはエルサレム周辺での建設が本格化した(朝日 11/7)。テロ防止を名目に建設を強行するイスラエルに対し、パレスチナ側は国境線の既成化として強く反発している。11月22日夜には、エルサレム東部のパレスチナ人居住地で、分離壁建設現場の警備員2人が射殺され、PLO主流派ファタハ系の武装組織が犯行声明を出した(毎日 11/24)。
 なおローマ教皇ヨハネ・パウロ2世は11月16日、バチカンでのミサにて分離壁問題に初めて触れ、「平和的共存のための新たな障害となる」と強い懸念を示した(毎日・夕 11/17)。
Copyright(c) Religious Information Research Center