(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2006年6月-8月
号数 32
媒体 国内
大分類 小特集 靖国問題の諸局面 ―富田メモの波紋と靖国参拝をめぐる喧騒―
小分類(国名等)
記事タイトル *今夏の首相靖国参拝
本文テキスト  ポスト小泉レースの裏側では、小泉首相が公約に掲げた8月15日の靖国神社参拝にも目が向けられていた。首相自身は公約の実現に意欲をみせていたが(毎日・東京 8/9他)、野党をはじめ、政府・与党の一部議員からも靖国神社参拝の中止を求める声が相次いだ。宗教界では全日本仏教会や新日本宗教団体連合会などが、憲法20条で定める政教分離の原則に反するとして、それぞれ首相に靖国神社参拝の中止を訴える意見書を首相宛てに提出している(朝日・大阪 8/5、朝日・東京 8/10)。
 そうしたなか、終戦記念日の8月15日、小泉首相は靖国神社に参拝、モーニング姿で昇殿し「内閣総理大臣小泉純一郎」と記帳した。歴代首相としては中曽根康弘首相以来、21年ぶりの8月15日参拝である。小泉首相は自身の参拝について、「私人」として不特定の戦争犠牲者に哀悼の念を捧げるためと語った(朝日・東京・夕 8/15他)。
 かねて小泉首相の靖国参拝に難色を示していた中国や韓国両政府は、抗議の意を政府に申し入れた。しかしそれ以降、目立った反発は寄せられていない。中韓両国の抗議デモも昨年の3月に起こった中国の反日デモのようには拡大しなかった(読売・東京 8/18)。次期首相に同問題の解決を迫るべく、今回の参拝には一定の配慮を示したのであろうか。
 日本国内では評価が割れている。対アジア外交を危惧する経済界や、信教の自由を求める宗教界では小泉首相の靖国参拝に否定的な立場をとるものも多いが、8月15、16日に実施された毎日新聞の世論調査では、参拝を「評価する」は50%、「評価しない」は46%であった(毎日・東京 8/17)。同期間に行われた読売新聞の調査では、「支持する」は「どちらかといえば」を合わせて53%、「支持しない」は39%という結果(読売・東京 8/17)。なお、毎日新聞の「評価する」との意見を年代別に見ると、(1)70歳代以上(61%)、(2)60歳代(55%)、(3)20歳代(54%) ―の順となっており、若年層の間で靖国参拝を支持する割合が高くなっていることが注目される(毎日・東京 8/17)。
Copyright(c) Religious Information Research Center