(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2006年6月-8月
号数 32
媒体 国内
大分類 【5.新宗教】
小分類(国名等) ◆世界基督教統一神霊協会(統一教会)
記事タイトル *安倍晋三ら、統一教会系団体に祝電
本文テキスト  安倍晋三官房長官が、統一教会の関連団体である「天宙平和連合(UPF)」の「祖国郷土還元日本大会」に祝電を送っていたことが分かった。この団体は、統一教会教祖・文鮮明氏が2005年に創設したもので、集会は、5月に日本国内12ヵ所で開催され、集団結婚(合同結婚)も兼ねていた。安倍氏が祝電を送ったのは5月13日に福岡市で行なわれたもの。安倍氏以外にも元法務大臣の保岡興治氏や国会議員7人が祝電を送っていた。安倍氏は事実関係を認め、「誤解を招きかねない対応であるので、(祝電を送った)担当者に注意をした」とコメントしているが、霊感商法の被害対策に取り組んできた霊感商法対策弁護士連絡会は、統一教会にお墨付きを与える行動、と批判している(朝日・東京 6/20他)。
Copyright(c) Religious Information Research Center