(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2006年3月-5月
号数 31
媒体 専門紙
大分類 3月
小分類(国名等) 仏教タイムス
記事タイトル *平和と宗教再考
本文テキスト  大谷光真・浄土真宗本願寺派門主は4日、龍谷大学で開かれた中東問題とアジアの平和に関するシンポジウムで特別講演。「一神教対多神教という対比は余り有効ではない」「仏教徒でなければ平和にならないという考えは傲慢」と、諸宗教の相互理解の必要性を語った(9日付。中外日報9日付に同類記事)。
 WCRP日本委員会は7日、京都で「平和のための宗教者研究集会」を開いた。基調講演でホアン・マシア元上智大学教授は、自分の宗教を振り返った時、裏切りの行為がありそこに暴力があると、宗教教団内部の暴力を問題にした。<宗教者の姿勢再考促す>(16日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center