(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2006年3月-5月
号数 31
媒体 専門紙
大分類 3月
小分類(国名等) 中外日報
記事タイトル *政教分離を巡って
本文テキスト  長崎・広島宗教者平和会議が2月6日-7日に長崎市で開催され、被爆地で宗教者が主催ないし協力する慰霊行事と行政へのかかわり方などについて情報交換や討論を行った。そのなかで政教分離の原則が<行政と宗教者の間の障壁となり、行政主導の無宗教の行事の陰で宗教行事が疎まれつつある現状が明らかになった>(2日付)。
 横浜地裁は8日、横浜市が同市平戸町町会を通して白旗神社に地域振興協力費が渡っているのは政教分離違反である、との住民訴訟に対し、訴えを全面的に棄却した。ただ、町内会は宗教組織ではないとしながらも、町内会が同神社に「相当の便宜を提供している」と認定した(16日付。北海道の空知太神社裁判については神社新報の項参照)。
Copyright(c) Religious Information Research Center