(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2005年12月-2006年2月
号数 30
媒体 専門紙
大分類 12月
小分類(国名等) 神社新報
記事タイトル *靖国・大阪高裁判決は違憲審査に害
本文テキスト  大阪高裁が9月30日、小泉首相の靖国神社参拝が違憲であるとの判断を下したことについて「靖国訴訟を憂える会」はこのほど、衆参両院議長、最高裁、高裁など約4、400ヵ所に要請書を送った。要請書は、違憲判断は傍論でなされており法的拘束力はなく、司法の本分を逸脱し違憲立法審査制度を揺るがす、などの内容(5日付。関連記事として12日付に終戦直後のビッテル神父による靖国神社廃止反対論とGHQ、19日・26日合併号に「靖国神社問題」関連書籍の書評・紹介集及び「政教関係を正す会」の研究会についての記事)。
Copyright(c) Religious Information Research Center