(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2003年6月-8月
号数 20
媒体 専門紙
大分類 8月 
小分類(国名等) 神社新報
記事タイトル *終戦記念の日
本文テキスト  15日の「終戦記念の日」は20年ぶりの雨の中、約5万人が靖国神社に参拝した。「英霊にこたえる会」主催の第28回全国戦没者慰霊大祭において堀江正夫会長は国立追悼施設が、内政干渉、東京裁判史観が建設構想の基盤にあると指摘、「断じて許せない」と訴えた。また「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」は、平沼糾夫経済産業相をはじめ171人(うち本人55人)が参拝した。一方、日本会議(三好達会長)などが主催する第17回戦没者追悼中央国民集会が参道で行われ、「追悼懇」の影響は「愛国心の涵養」の視点からも憂慮すべきと三好氏が挨拶した(25日付。18日付に「論説」、11日付に『靖国神社遊就館図録』の紹介)。
Copyright(c) Religious Information Research Center