(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2005年9月-11月
号数 29
媒体 専門紙
大分類 11月
小分類(国名等) 神社新報
記事タイトル *女性天皇・女系天皇容認報告書を批判
本文テキスト  小泉首相の私的諮問機関「皇室典範に関する有識者会議」は24日、女性天皇・女系天皇を容認し、皇位継承に関する諸制度の早期改正にも言及する報告書を首相に提出した。これに対し神社本庁は翌25日、総長談話で報告書を批判。談話は、報告書が「ジェンダーフリー」など特定の価値観を国民に押しつけているのみならず、皇室典範の早期改正まで言及していることについて<深い憂慮の念を表明>している。なお一般紙の多くは報告書の要旨を掲載しているが、神社新報紙は全文掲載(28日付)。
 日本会議国会議員懇談会は1日に総会を開催。有識者会議の女系天皇容認決定に対し、平沼赳夫夫会長は「政治家も介入させず、皇族方の意見も聞かないのは拙速だ」と批判し、「世界的にも貴重な男系」の皇統を守るべきと発言した(14日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center