(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2005年9月-11月
号数 29
媒体 専門紙
大分類 11月
小分類(国名等) キリスト新聞 カトリック新聞クリスチャン新聞
記事タイトル *政治
本文テキスト  第9回国会祈祷会が10月19日に衆議院議員会館で開かれ、自民党の石破茂衆院議員(元防衛庁長官)、民主党の土肥隆一衆院議員が出席。4代目クリスチャンの石破氏は9条など積極的改憲論者であり、軍事抑止力を持つべきと主張し、「何が正しくて何が間違っているかということが人間ごときにわかるのだろうか」と<クリスチャンとしての政治信条を打ち明けた>(ク6日付)。
 日韓キリスト者議員連盟とキリスト教団体は17日、小泉首相の靖国神社参拝などで日韓関係悪化のなか「日本の軍事化とアジアの平和」をテーマに東京で懇談会を開いた。韓国の金泳鎮・前農林部長官は「靖国参拝は日本帝国主義の復活と見ている」と述べた。日本からは民主党の国際局副局長らが参加した(ク27日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center