(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2003年6月-8月
号数 20
媒体 専門紙
大分類 7月 
小分類(国名等) 仏教タイムス
記事タイトル *裁判
本文テキスト  元創価学会顧問弁護士の山崎正友氏が大分県の女性から金銭の返還を求められていた裁判は山崎氏が控訴審で逆転勝訴し最高裁でも勝った。この山崎氏勝訴は偽証によるものとして宇都宮地裁に提訴されていたものの、これも29日に棄却された。創価学会関連メディアは当初、裁判を<大々的に取り上げ>山崎氏を誹謗したが、その後の山崎氏勝訴には<一切“沈黙”>。記事は<「デマ記事」には厳しい視点を持っている創価学会だが、自らの過ちには一顧だにしない姿勢はよくその体質を表わしていると言えそうだ>と結んでいる(17日付)。
 大阪の浄土真宗念照寺の門徒が同時住職・坊守に対し会計帳薄等の閲覧を求めていた裁判で大阪地裁堺支部は1日、財産目録などの開示を命じた。だが収支計算書については、住職側の「作成していない」との主張を追認し請求を棄却した(3日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center