(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2005年9月-11月
号数 29
媒体 専門紙
大分類 10月
小分類(国名等) 神社新報
記事タイトル *学術
本文テキスト  北海道神社庁はこのほど『北方領土の神社―千島・北方領土社寺教会日露共同報告書―』を発行した。これは戦後60年を経た国後島を中心にした北方領土の神社の現状を明らかにしたもの。<倒されたまま放置された忠魂碑、高波で海に流され波に洗はれる手水鉢、破壊され草木に覆はれた神社の基礎>。少なくとも69神社があったという(17日付)。
 日本宗教学会第64回学術大会が9月9日-11日に関西大学で開かれ、第4部会では3つの神道パネルが組まれた。<例年数人の個人発表しかなった状況から、今年は一転して神道研究の存在感を示した形となった>(24日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center