(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2005年9月-11月
号数 29
媒体 国内
大分類 【6.政治と宗教】
小分類(国名等) ◆靖国神社参拝をめぐって
記事タイトル *靖国参拝めぐり3判決
本文テキスト  小泉首相による靖国神社参拝を違憲として、原告が慰謝料などを求めた一連の裁判で、9月29日、東京高裁(浜野惺裁判長)は、参拝は私的な行為であり職務行為とは認めがたいとして原告側の控訴を棄却した(朝日・東京 9/30他)。
 それに対し、翌9月30日、大阪高裁(大谷正治裁判長)は、参拝は首相の職務として行われたと位置づけ、「特定宗教を助長している」として、憲法の禁じる宗教的活動にあたるとした。高裁としては初の違憲判断。ただし原告の控訴については、信教の自由が侵害されたとは言えないとして棄却した(朝日・東京・夕9/30他)。
 10月5日の高松高裁(水野武裁判長)は、参拝が公的か私的かの判断はせず、憲法判断にも触れず、参拝によって原告の法的利益は侵害されていないとして控訴を棄却した(朝日・東京 10/6他)。
Copyright(c) Religious Information Research Center