(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2005年9月-11月
号数 29
媒体 国外
大分類 【1.東アジア・太平洋地域】
小分類(国名等) ◆台湾
記事タイトル *高まるバチカン断交の懸念  
本文テキスト  10月25日にセネガルが中国と国交樹立し台湾と断交したことで、台湾と外交関係のある国はわずか25ヶ国となり、台湾外交は行き詰まりを見せている。特に新法王が中国との国交樹立に関心を示しているバチカンに関する懸念が高まっており、陳唐山外交部長は「断交懸念がある中でもっとも危険だ」と述べた(産経 10/28)。
バチカン国務省長官が、中国と国交樹立することになればすぐにも外交使節を台北から北京に動かす用意があると述べたと報じられた。中国は従来、バチカンとの国交樹立交渉開始の条件として、台湾との事前の断交を求めているが、この条件は他国には提示されていない。そのためバチカンは他国と同様の敬意を払いこの条件を取り下げることを求めている(カトリック 11/6)。
Copyright(c) Religious Information Research Center