(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2005年6月-8月
号数 28
媒体 専門紙
大分類 8月
小分類(国名等) 仏教タイムス
記事タイトル *「和」についてシンポジウム
本文テキスト  日本印度学仏教学会は7月30日、四天王寺国際仏教大学で公開シンポジウム「国際的な視野から見た『和』」を開催。聖徳太子の十七条憲法における「和」の精神の現代的可能性について論議した。法学の村中孝史京大教授は行政改革などで日本の和を保つ機能の弱化を指摘し、法律によらない解決制度を提起。中国哲学の加地伸行・同志社大学フェローは、多神教世界の和の現れを大事にすべきとし、「談合は和の精神」と発言した(4日付。中外日報6日付に同類記事)。
Copyright(c) Religious Information Research Center