(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2005年6月-8月
号数 28
媒体 専門紙
大分類 8月
小分類(国名等) 新宗教新聞
記事タイトル *憲法20条について政党アンケート
本文テキスト  新宗連憲法研究会はこのほど、9月の総選挙や憲法論議の活況を鑑み、各政党に9条(戦争放棄)と20条(信教の自由・政教分離)についてアンケートを実施した。20条についての回答を抜粋する。自民党「一定の宗教的活動に国や地方自治体が参加することは、社会的儀礼や習俗的・文化的行事の範囲内であれば許容される」。民主党「宗教団体と政党との関係、公の機関と宗教的活動との関係などに関して政教分離の厳格な規定を設ける」。公明党。政教分離原則は「国家の宗教的中立」を規定しているもので、「政治・政党と宗教団体の分離ではない」「(公明党は)今後も特定の宗教団体を擁護したり、逆に排除したりすることは一切ない」。共産党「宗教団体が政治権力の行使に参加することを認めず」「(国家の)いかなるイデオロギー的強制も認めない」。社民党「精神的自由は非常に重要であり、現行憲法の政教分離規定はきわめて厳格に解されなければならない」(中外日報30日に同類記事)。
Copyright(c) Religious Information Research Center