(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2005年6月-8月
号数 28
媒体 専門紙
大分類 7月
小分類(国名等) 神社新報
記事タイトル *天皇とサイパン・護国神社
本文テキスト  <天皇・皇后両陛下には>6月27日-28日、<サイパン島に行幸啓 戦没者慰霊の大御心をお示しに>。慰霊碑やバンザイ・クリフのほか、<予定が公表されていなかった>「おきなわの塔」と「韓国平和記念塔」へも拝礼。<両塔への御訪問は、天皇陛下の深い思し召しによるものと漏れ承る>。<このたびのサイパン行幸啓は、天皇陛下のかねてからの思し召し>によるもので、慰霊目的のみの<海外行幸啓>は初めて。帰国した29日には代拝により<宮中三殿に還幸啓を御奉告><伊勢の神宮にも>(4日付)。また日本会議は「天皇皇后両陛下サイパン行幸啓慰霊奉迎団」(団長=山口建史靖国神社権宮司)を組織し、サイパンへ。<両陛下からお声掛けも 遺族会と共催で慰霊祭>(11日付)。
 <天皇陛下には、全国の道府県護国神社において終戦60周年臨時大祭を斎行するにあたり、旧指定護国神社五十二社に特別の思し召しを以て幣帛料を御奉納遊ばされることを仰せ出され>4日に宮内庁で伝達式が行われ、その後、靖国神社で幣帛料を頒つ頒幣式がなされた(11日式)。
Copyright(c) Religious Information Research Center