(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2005年6月-8月
号数 28
媒体 専門紙
大分類 6月
小分類(国名等) 仏教タイムス
記事タイトル *国際交流・支援
本文テキスト  第26回日韓・韓日仏教文化交流大会が15日、「自然環境と生命倫理」をテーマに韓国・忠清南道の曹渓宗修徳寺で開催された。日本の宮林昭彦・日韓仏教交流協議会会長は記者会見及び大会挨拶において、「日本が韓国を侵害した歴史的事実について深く反省・慙愧の念を」もつと謝罪。小泉首相の靖国神社参拝や教科書問題による現在の日韓両国関係の悪化を憂えた。<その様子は韓国メディアにも大々的に報道され、「これまでにない意義ある大会」との評価も聞かれた>(23・30日合併号)。
  仏教NGOネットワーク(BNN)は16日、横浜の孝道教団で総会を開催。<人材育成を柱に 大学や教団と連携強化も>。また元SVA事務局長の手束耕治氏が現在のカンボジアの状況を「危機を迎えている」と報告。その背景には<欧米のキリスト教を基盤としたNGOによる巨額の支援があり、「地元住民と軋轢を生んでいる」>という(23・30日合併号)。
 大本の外郭団体である人類愛善会は、昨年6月以来のモンゴルとの交流を進めてきた結果、このほどウランバートルに「モンゴルセンター」を開設。同会創立80周年の9日、現地で発会式を行った。今後はセンターを拠点に農業技術指導、医療・教育支援などを実施してゆく方針(16日付。中外日報30日付に同類記事)。
Copyright(c) Religious Information Research Center