(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2005年6月-8月
号数 28
媒体 専門紙
大分類 6月
小分類(国名等) 神社新報
記事タイトル *靖国問題
本文テキスト  神社本庁は9日、「靖国神社をめぐる諸問題」について基本見解を発表し、靖国神社の姿勢支持を表明した。それによると(1)靖国神社は戦没者慰霊の中心施設、(2)祭神の分離という意味の「分祀」は、神社祭祀の本義からあり得ない、(3)内外の干渉を排し、首相は参拝を継続すべし、(4)所謂「A級戦犯」合祀は国会決議と政府の対応に基づいている。なお、東京裁判は戦勝国による不公平な裁判であると断じている(20日付。関連として27日付に共同通信による靖国神社への質問と同神社の回答)。
 日本遺族会会長の古賀誠自民党元幹事長が11日、小泉首相の靖国神社参拝を巡り、中国韓国が反発していることについて「近隣諸国への配慮が必要」と発言。これに対し同会員から方針変更があったのかとの問い合わせが<多数寄せられてゐた>。そのため同会は緊急支部長会議を17日に開き、首相の靖国神社参拝を求める方針を再確認した(27日付)。
 民主党・岩国哲人衆議院議員の靖国神社参拝についての質問主意書について、政府は14日に回答。そのなかで、戦後の<昭和天皇の靖国神社への御参拝は、いずれも、私人としてのお立場>としている(27日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center