(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて

『ラーク便りの全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。

詳細
記事年月 2003年6月-8月
号数 20
媒体 専門紙
大分類 7月 
小分類(国名等) キリスト新聞 カトリック新聞 クリスチャン新聞
記事タイトル *司教敗訴
本文テキスト  松山地裁で争われていた名誉棄損裁判で被告の深堀敏・高松教区司教が原告の信徒2人に敗訴した。発端は教区立の国際宣教神学院の建設と運営で、これに疑義を呈した信徒に対し、司教が全信徒向け書簡で名誉を棄損したというもの。背景に新求道共同体問題がある。また判決は、司教側の、日本国の裁判所に「審判権」はなく教会裁判所が審理すべきとの主張は脚下された。カ紙は、判決は出たが<両者の溝を埋めるきっかけは依然として見つからず、教区には困難な日々が続く>と記す。なお、新求道共同体は日本の幾つかの教区で活動が制限されている(カ6日付、キ19日付)。カ紙は同問題についての投書を毎号にわたり掲載(中外日報の項、参照)。
Copyright(c) Religious Information Research Center