(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて
『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2019年4月-6月
号数 83
媒体 国外
大分類 【2. 東南アジア】
小分類(国名等) ◆ブルネイ
記事タイトル *国際的非難噴出で不倫と同性愛への死刑猶予
本文テキスト  5月5日、ボルキア国王はテレビ演説を行い、前月に施行していた不倫・同性愛行為への死刑適用を猶予することを明らかにした。4月3日に施行されたこの新刑法では、イスラム法に基づいて不倫や同性愛行為を行った者を投石などで死刑に処することを規定。施行後に人権団体をはじめ国際社会からの非難が相次いだ結果、国王は刑法について誤解が生じていると釈明し、20年以上にわたって死刑執行が猶予されているブルネイの現状に従い、今回も同様の措置を取ることを発表した。とはいえ、今回の厳罰化の背景には保守派イスラム教徒の信任を得たい国王の思惑があり、今後死刑の代わりに禁錮刑やむち打ち刑などが適用される可能性が残っているという指摘もある(東京5/6ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center