(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて
『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2019年4月-6月
号数 83
媒体 国外
大分類 【2. 東南アジア】
小分類(国名等) ◆インドネシア
記事タイトル *ジョコ氏、宗教指導者を副大統領候補にして再選
本文テキスト  5月21日、選挙管理委員会は4月17日に行われた大統領直接選挙の集計結果を公表し、現職のジョコ大統領が野党候補のプラボウォ氏を破って再選を決めたと発表した。得票率はそれぞれ55.5%と44.5%。勝利したジョコ氏は就任式が予定される10月から2期目を開始する。選挙戦ではイスラム保守勢力の支持を得たプラボウォ氏が集団礼拝を兼ねた選挙集会を開き、「イスラム教徒にふさわしいリーダーを」と主張。少数派の声の代弁者を自認してきたジョコ氏も、敵対陣営からの「反イスラム」批判を避けるため、国内最大のイスラム団体の前総裁を副大統領候補に擁立した。イスラム指導者を副大統領候補に選ばなければ敗北の可能性もあったと指摘されるなど、国民の9割を占めるイスラム教徒の組織票の重要性が目立つ選挙展開となった(東京5/22ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center