(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて
『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2019年4月-6月
号数 83
媒体 国外
大分類 【1. 東アジア・太平洋地域】
小分類(国名等) ◆台湾
記事タイトル *アジア初、同性婚法成立
本文テキスト  5月17日、立法院(国会)は同性カップルが結婚できる特別法案を賛成多数で可決した。特別法は18歳から同性婚ができる規定で、異性婚の夫婦に認められている大半の権利を同性カップルにも保障した。一方、同性婚を認めていない国の国民との国際結婚は認めず、同性カップルは血縁関係のない子を養子縁組できない。アジアで同性婚法が成立したのは台湾が初めてで世界では26番目。同性婚に対しては高齢層やキリスト教団体などから反対運動も展開されており、立法院の採決でも、同性婚を定めた条文について出席者93人のうち27人が反対した(毎日5/18ほか)。
 24日から婚姻届の受け付けが始まり、朝から各地の行政窓口が同性カップルで混雑し、初日だけで526組が婚姻手続きを行った。台湾の年間の結婚件数は13万件強であるが、同性婚の合法化で4千〜5千件の押し上げ効果があると地元メディアは伝えている(日経6/28)。
→ラーク便り75号44頁参照
Copyright(c) Religious Information Research Center