(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて
『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2019年4月-6月
号数 83
媒体 国内
大分類 【8.その他の宗教関連事象】
小分類(国名等)
記事タイトル *寺社が災害時の避難所として再評価
本文テキスト  寺院や神社を地震や水害などの大規模災害時の避難場所として活用しようとする取り組みが広がっていると、4月17日、報じられた。
 大阪市中央区にある難波別院(真宗大谷派)は、2014年に同区と災害時の避難所活用の協定を結んだ。境内に1,200人以上、本堂や会館に400人以上を収容できるという。また東京都宗教連盟も2017年9月、都に対して災害時の連携を申し入れ、帰宅困難者の受け入れ先となれるよう協議を進めている。
 大阪大学大学院の稲場圭信教授によれば、1965年頃までは寺社が災害時の避難場所として活用されていたが、その後は公共施設が避難場所とされるようになった。しかし2011年の東日本大震災の際、一部の公共施設が津波被害に遭う中、自治体が避難所に指定していなかった寺社およそ100ヶ所に避難者が身を寄せたことをきっかけに、寺社が再び避難所として注目され始めたという。寺社の耐震性や政教分離原則に触れる可能性を懸念する声も上がっているが、稲場氏は「行政と宗教が組んで布教をするのは憲法違反だが、災害協力はそうではない」「安全な寺社があれば積極的に活用すべきだ」と話す(毎日・大阪4/17)。
Copyright(c) Religious Information Research Center