(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて
『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2019年4月-6月
号数 83
媒体 国内
大分類 【7.皇室】
小分類(国名等)
記事タイトル *恩赦、10月に実施検討
本文テキスト  新天皇陛下の即位に伴う「即位礼正殿の儀」に合わせ、政府が10月に恩赦を実施する方向で検討していることが、5月3日までに関係者への取材で分かった。過去の事例では選挙違反で停止された公民権を回復するケースが多いことから、政府は2019年の統一地方選や参院選をめぐる選挙違反の状況を加味するとみられる。ただし過去の恩赦で多くの選挙違反者が公民権を回復されたことについて「政治恩赦」との批判があったことから、平成の恩赦より規模を縮小する方針。三権分立の例外とされる恩赦をめぐっては、実施に慎重であるべきだとの声もある(産経・東京5/3、東京・東京5/4ほか)。
→『ラーク便り』76号32頁参照
Copyright(c) Religious Information Research Center