(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて
『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2019年4月-6月
号数 83
媒体 国内
大分類 【3.習俗・慰霊】
小分類(国名等)
記事タイトル *渋谷でハロウィーン・年越しの路上飲酒を禁止する条例が成立
本文テキスト  渋谷区議会で6月19日に、ハロウィーンと年越しの時期に限り路上や公園での飲酒を禁止する条例が賛成多数で可決、成立し、20日に施行となった(東京・東京6/20ほか)。
 渋谷駅周辺では例年、ハロウィーンで仮装した人々の飲酒による騒動が多発し、問題となっていた。同区は2019年2月に地元の商店街や観光協会の関係者などからなるハロウィーン対策検討会を設置。トラブル防止策を中間報告としてまとめ、5月15日に同区長に提出した(朝日・東京5/14、5/16ほか)。同区は報告を参考に条例案の詳細を固め、6月6日の区議会定例会に提出(東京・東京6/7ほか)。提出を受けて、6月11日には関東近郊の住民らからなる任意団体「渋谷区の路上の自由を守る会」が条例案の否決を求める陳情書を提出する動きなどもあったが、条例案は成立するに至った(読売・東京6/12)。
 条例案の施行にあたって、同区はコンビニエンスストアなど駅周辺の店舗に酒類の販売自粛を求めたほか、放尿や屋根、街灯に上るなどの迷惑行為を禁じたが、違反者へ過料を科す罰則は定められていない(読売・東京5/31ほか)。
→『ラーク便り』81号28頁参照
Copyright(c) Religious Information Research Center