(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて
『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2019年4月-6月
号数 83
媒体 国内
大分類 【2.仏教】
小分類(国名等)
記事タイトル *仏教映画がカンヌ国際映画祭で上映
本文テキスト  5月14日から25日にかけて開催された第72回カンヌ国際映画祭の批評家週間で、富田克也監督の『典座−TENZO−』が特別招待作品として上映された。同作品は、僧侶の実生活とフィクションを組み合わせ、東日本大震災後の仏教や信仰の意義について悩む僧侶たちを描いている。同作品の製作を手がけた全国曹洞宗青年会の倉島隆行前会長と河口智賢前副会長が、苦悩する僧侶を演じた。上映会には、同監督と両氏が袈裟姿で登壇。河口氏は観客に対し「人々の心に寄り添う仏教のすばらしさを世界に伝えようと映画を作った」と語った。一般の劇場公開は2019年秋を予定している(山梨日日・甲府4/23、読売・東京・夕5/24ほか)。
Copyright(c) Religious Information Research Center