(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて
『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2019年4月-6月
号数 83
媒体 国内
大分類 【2.仏教】
小分類(国名等)
記事タイトル *公営合葬墓に僧侶が反対を表明
本文テキスト  秋田市が運営する公営合葬墓に対し、地元の僧侶から反対の声が上がっていることが、5月3日に報じられた。公営合葬墓は同市北部墓地の一角にあり、1,500体分の遺骨を納めることができる。永代使用料は1体1万7千円で、毎年の管理費は不要。これに対し、地元の僧侶らは「管理の方法などが(公営合葬墓は)お粗末過ぎる」「『一度埋葬したらおしまい』という感じがして釈然としない」と疑問を呈している。また、秋田経済研究所が公営合葬墓について同県内の全寺院に実施したアンケートでは、自由記述欄に記述のあった95寺院中14寺院が公営合葬墓に反対を表明。「寺院への影響が非常に大きい」「極端に低価な合葬墓は、後の時代に問題となる」などの意見がみられた(朝日・秋田5/3)。
Copyright(c) Religious Information Research Center