(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて
『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2019年4月-6月
号数 83
媒体 専門紙
大分類 6月
小分類(国名等) キリスト新聞 カトリック新聞 クリスチャン新聞
記事タイトル *深井智朗氏の研究不正を告発、小柳敦史氏インタビュー
本文テキスト  『キリスト新聞』は、日本基督教学会の学会誌『日本の神学』において東洋英和女学院の深井智朗元院長への公開質問状を発表し、同氏の研究不正を公にした北海学園大学の小柳敦史准教授のインタビューを掲載した。小柳氏は、「『立派な先生なのに過ちを犯した』という認識は誤りで、以前から問題を指摘され、ずさんな研究をしてきた人物が社会的な評価を得てしまったというのが実態」とし、『日本の神学』が深井氏の「不備のある回答」をそのまま掲載したことについても「問題があったのかもしれない」と述べた。「学会も出版社も改めて責任の重さを自覚し、反省して検証すべき」と提言している(キ11日付)。
→国内・キリスト教参照
Copyright(c) Religious Information Research Center