(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて
『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2019年4月-6月
号数 83
媒体 専門紙
大分類 5月
小分類(国名等) 神社新報
記事タイトル *長崎神青会、護国神社の「宮フェス」で神道教化
本文テキスト  4月13・14日の両日、長崎県神道青年会は、長崎県護国神社(長崎市)で行われた蚤の市「第8回護国神社の庭フェス」に神道教化ブースである「宮フェス」を出展した。「宮フェス」は地元の主婦たちによる「空き地でマーケット実行委員会」が同神社と協力して年2回開催している催し。県神青会は「この好機に広く一般に対して神道を紹介するとともに、神社支持層の拡大を図ること」を目指して教化ブースを企画。今回初めて実現した。ブースでは天皇陛下御即位30年記念と御代替り啓発活動として平成御大典写真パネルを展示し、関連冊子を配布。また神宮大麻頒布と伊勢神宮参拝推進のため、神宮写真パネルも展示。さらに家庭祭祀振興に向けて現代建築に合わせたモダン神棚などを陳列した(6日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center