(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて
『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2019年4月-6月
号数 83
媒体 専門紙
大分類 4月
小分類(国名等) 神社新報
記事タイトル *大嘗宮の茅葺(かやぶき)屋根をめぐる論説
本文テキスト  神社本庁参事の神保郁夫氏による「大嘗宮は茅葺屋根で」と題した論説。大嘗祭が行われる大嘗宮では、1300年以上にわたって茅葺屋根の伝統が守られてきた。しかし2018年12月19日に宮内庁が主催した第3回大礼委員会において、大嘗宮主要三殿の屋根の素材が茅から板葺きに変更されることが発表され、一部で話題となっている。日本茅葺協会は宮内庁に要望書を提出し、工費を抑えた施工法を提案した。だが宮内庁側は予算以上の理由として、建物の安全性や11月の大嘗祭までに完成させるという工期の問題を挙げたという。論説は平成の大嘗祭においてすでに主要三殿以外の建物でカナダ杉の板葺きが使われていたことを指摘。その後に検証を行わなかった「つけ」が今回の変更として現れたと論じている(29日付)。
Copyright(c) Religious Information Research Center