(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて
『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2019年4月-6月
号数 83
媒体 専門紙
大分類 4月
小分類(国名等) 神社新報
記事タイトル *神社界の人材育成をめぐる論説
本文テキスト  「斯界を支える人材の育成を」と題した論説。神職養成機関を卒業した学生たちの神社への奉職をめぐっては、以前から女子学生の奉職先が少ないといった問題や、学生側の奉職希望先が首都圏や都市部に集中するといった問題が指摘されてきた。後者に関しては、首都圏の一般家庭出身者の割合が増加していることが要因とされる。近年では都市部の神社であっても応募者数の減少に直面しているという問題がある。また、短期離職も近年の課題として指摘されており、奉職後に直面する理想と現実の違いが背景にあると考えられる。企業の「働き方改革」と同様、「魅力ある職場づくり」による「人材確保」が神社界においても重要であることを論説は訴えている(1日付。8日付には各機関の奉職状況の報告)。
Copyright(c) Religious Information Research Center