(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて
『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2019年1月-3月
号数 82
媒体 国内
大分類 【8.その他の宗教関連事象】
小分類(国名等)
記事タイトル *電子賽銭は定着するか
本文テキスト  電子賽銭を全国に先駆けて導入した日光二荒山神社が、スマートフォン決済サービス「PayPay(ペイペイ)」を2月初旬から追加導入した。これまでは中国の電子マネー決済サービスしか利用できなかったが、これにより日本人も電子賽銭による決済が可能となった。同サービスでは寄付行為を禁止としているため、同神社は電子決済を行った参拝者に対し「お礼」として小分けの福米を授与する。
 しかし、日本人の参拝者は同サービスに対して「御利益がなさそう」と敬遠することが少なくないという。また、ツイッターでQRコードを受け取って賽銭ができる「クラウド参拝」を導入した臨済宗南禅寺派の海眼寺(かいげんじ)(京都府福知山市)も、最近ではほとんど入金がなく、「一過性のものにとどまった」と同寺の住職は語る(下野・宇都宮1/31、産経・大阪・夕2/28)。
→『ラーク便り』81号25頁参照
Copyright(c) Religious Information Research Center