(公財)国際宗教研究所
 
オンライン公開情報
定期刊行物等
『ラーク便り』データベースについて
『ラーク便り―日本と世界の宗教ニュースを読み解く』の全記事のうち、ここでは「宗教専門紙の記事」、「一般紙・雑誌の国内宗教関連記事」、「国外の宗教ニュース」をデータベース化してあります。
ただし、最近3年間のものは収録されておりません。
『ラーク便り』本誌には、これ以外に「ピックアップ・ファイブ」、「研究ノート」、「エッセイ」、「宗教専門紙が書評した本」、その他が掲載されています。

国外・国内記事、国名等の分類と、刊行年や号数、記事タイトルや本文で検索が掛けられます。
それぞれの検索条件は、AND検索(絞り込み検索)として認識します。
すべての記事から検索する場合は、検索語だけ入力して下さい。
◇以前の検索結果に戻るためには、ブラウザの元のタブを選択してください◇


詳細
記事年月 2019年1月-3月
号数 82
媒体 国内
大分類 【7.皇室】
小分類(国名等)
記事タイトル *昭和天皇、晩年の直筆原稿見つかる
本文テキスト  昭和天皇が晩年に和歌を推敲する際に使ったとみられる直筆原稿が発見されたことが1月1日に報じられた。昭和天皇と近しい人が保管しており、保管者は匿名を希望している。「宮内庁」の文字が入った罫紙29枚の裏表57頁に、鉛筆で書かれた歌が少なくとも252首確認できるほか、欄外に注釈や書き込みが見られる。専門家らによれば、内容は1985年ごろから昭和天皇が病に伏す1988年秋までに書かれたものであるといい、「人柄を深くしのぶ一級の史料」であるという(朝日・東京1/1)。
Copyright(c) Religious Information Research Center